日時・時間指定の宅配サービスに強くなれるサイト

>

通販受け取りにもプレゼントにも使える!配達活用テクニック

日時指定・時間指定、何ができるの?

それでは早速日時指定・時間指定のサービスはどんな時に使えるのか見ていきましょう。

多くの宅配サービスでは、何も指定せずに荷物を送ったり受け取ったりしようとすると、いつ荷物が届くのかわからないということになります。
そうなると「今帰宅したら不在票がはいっていた!でもどうやらちょっと前に届けに来ていたみたい……わかっていたら外出の時間をずらせたのに!」ですとか、「あれ、送ったはずの荷物が戻ってきている!相手が受け取らないから戻されてきたんだ……」といったことになりがち。
でも、日時指定・時間指定のサービスをうまく活用すると、このようなトラブルを回避することができます。

次の項目で、どのようにサービスを使うのか、手続きの仕方を見ていきましょう。

日時指定・時間指定、どうやって頼むの?

では、どのような手続きを踏めば荷物が到着する日付や時間を決めることができるのでしょうか?

このとき押さえておきたいのは、「日付を指定するサービスと、時間を指定するサービスとは別々に設けられている場合が多い」という点です。
まず前者について、クロネコ、佐川、郵便局といった大手の宅配サービスのホームページを確認すると、指定の日付に配達するサービスと指定の時間に配達するサービスのページは別々になっています。
自分から荷物を送りたいという場合は日付と時間、両方指定したいのか、時間だけ、日付だけでいいのか、
ニーズに合わせてサービスの使いわけをしていきましょう。
多くの場合は追加料金は必要ありませんが、運送会社によっては追加料金を取られる場合もあるので、使う会社のホームページなどから確認するのがベストです!